河北省の精鋭たちのフォーラム ジェイ・シー・アイの辛社長も登壇

河北省の精鋭たちのフォーラム ジェイ・シー・アイの辛社長も登壇
2017年20日および21日、広東省深圳市で、中国各地および世界各地に散らばる河北省出身のビジネスマンが集まる国際フォーラム「2017全球冀商創新論壇」が開催された。 今回のフォーラムでは中国政府から全国政治協商会議常任委員・経済委員会副主席の葉連松氏、元外交部長・李肇星氏、グローバルCEOカンファレンス・龍永図首席など、中国の政財界を代表するそうそうたるメンバーが出席し、約500名にも上る

詳細

【転載】海外ファンドの中国国内不動産投資の税務対策 第三回 中倫律師事務所

海外ファンドの中国国内不動産投資の税務対策(第三回) 中倫律師事務所 2017/9/22 『中倫視界』より転載  中倫律師事務所は、国際的な不動産ファンドの中国における不動産プロジェクトの買収と売却にかかわる税務問題に対処した実績が多数あり、理論と実践に精通している。  本レポートは、前回に引き続き中国の現行税制の下で、海外不動産投資ファンドが中国国内不動産投資を行う際にかかわる税務の

詳細

【転載】海外ファンドの中国国内不動産投資の税務対策 第二回 中倫律師事務所

海外ファンドの中国国内不動産投資の税務対策(第二回) 中倫律師事務所 2017/9/22 『中倫視界』より転載 中倫律師事務所は、国際的な不動産ファンドの中国における不動産プロジェクトの買収と売却にかかわる税務問題に対処した実績が多数あり、理論と実践に精通している。 本レポートは、前回に引き続き、中国の現行税制の下で、海外不動産投資ファンドが中国国内不動産投資を行う際にかかわる税務の要

詳細

【転載】海外ファンドの中国国内不動産投資の税務対策 第一回 中倫律師事務所

海外ファンドの中国国内不動産投資の税務対策(第1回) 中倫律師事務所 2017/9/22 『中倫視界』より転載 中国の不動産投資市場が好調さを継続しているなか、ここ数年、海外不動産ファンドも様々な形態でホットスポットへの投資を盛んに行っている。 これら海外不動産投資ファンドによる投資は、一般的に、中国国外に持株会社を設立し、同持株会社が中国国内のプロジェクト会社[1]を保有し、同プロジ

詳細

中国M&A専門家と日中M&A事業について意見交換

中国M&A専門家と日中M&A事業について意見交換
2016年12月3日、中国投資協会危困企業投資併購聯盟(CADMA ※)と中国東北証券股份有限公司併購(M&A)業務部、および同社傘下のファンド管理会社の幹部が株式会社ジェイ・シー・アイを訪問。日中間におけるM&A業務についてより深い情報交換を行いました。 ※2016年8月に成立した中国の事業再生を専門に行う組織。

詳細

CITICグループに「管理学院」、「党校」が成立 中信資産管理有限公司の劉董事長が特任教授に

CITICグループに「管理学院」、「党校」が成立 中信資産管理有限公司の劉董事長が特任教授に
6月2日、北京においてCITICグループ内に「管理学院」、「党校」が成立。その記念セレモニーが行われ、学院長・党校校長を兼任する常振明・中信集団董事長をはじめ、王炯総経理、蒲堅副総経理、劉志強董事ら、合計40人に上る会社幹部が出席しました。 同校はグループの人材育成を目的とした教育機関で、国の第十三次五か年計画に合わせた企業の発展を担う人材を育成するカリキュラムが組まれるとのこと。 ま

詳細

爆買」、「爆学」に続くのは「爆創(ばくそう)」か? 福岡市がスタートアップビザを展開

昨年末、福岡県福岡市が新たな特別ビザの開始を公表した。「スタートアップビザ(外国人創業活動促進事業)」である。 もともと外国人が訪日するビザには観光や商用、また親戚・知人訪問と言うもののほかに、「経営・管理」ビザと言うものがあった。これは外国人が日本国内に出資、設立した会社での経営を行うためのビザであったが、入国管理局への申請時に、事務所の開設に加え、常勤職員を2人以上雇用するか、資本金の額

詳細