広東省深圳市の外食産業事情を視察

広東省深圳市の外食産業事情を視察

20160613_041332000_iOS

 

 

 

 

 

 

 

2016年6月1日、日本の飲食コンサルティング会社に同行し、広東省深圳市の中華ファーストフード企業を訪問、同市の外食事情を視察し、中国側の企業と意見交換を行いました。

同市の消費者の平均年齢は25歳、飲食を含む外来文化への関心は強く、日本企業にとってもポテンシャルが高い市場であると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です